にほんブログ村

統合失調症女子のポジティブログ

統合失調症持ちの20代女子が闘病記やポジティブ思考のコツなどを書いていきます!

MENU

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第11話「私と入院生活の始まり」

1月29日の深夜、私は入院した。

あまりに混乱していて、自分が入院したと自覚したのは2月3日だった。

 

市の命令で入院が決定したあと、私はある部屋に入れられた。

部屋では2人の看護師さんがいて、病院の寝巻きに着替えさせられた。

そして部屋には1月のカレンダーが貼られていて、今日が何日かわかったらナースコールで教えてくださいと言われた。

私は時間軸など考えられないくらい混乱していて、今日の日付なんて全く想像できなかった。

部屋には1月のカレンダーにトイレ、ベッド、そして扉があり、いかにも脱出ゲームを連想させるかのような風景だった。

そこで私は思った。私はスマホゲームの中に入ってしまい、脱出ゲームをすることになったのだと。

ナースコールを押してはわからない問題が次々と出され、部屋から一向に出られないまま深夜が過ぎていった。

 

それから寝たかも覚えていない、朝が来てからのこと。

外の風景はまるで小学校のようで、私は自分が小学生になったのではないかと思った。

看護師さんから朝食と水が運ばれてきたが、得体のしれないものを飲み食いしたら私は死ぬと思いこみ、味噌汁のお椀を倒した。

 

朝食が下げられたあと、再び脱出ゲームの世界に戻った。

私はふと会社の同期の「田中」のことを思い出した。

なぜなら同期と撮った写真をメガネを外して見ると、田中が黒い笑みを浮かべていたように見えたからだ。

田中は日本で4番目に多い苗字だから、新人のフリをして私を騙し、私の親族からお金を騙し取り、日本一になろうとしているのではないかと思った。

田中は私を閉じ込める為の脱出ゲームを作って、絶対にクリアできないようにしていたのではと考えていた。

田中は施設内の人や私の両親、会社の同期などに、「私の部屋までたどり着けるかなゲーム」に参加させ、私の両親には絶対にクリアできないコードを、会社の同期には一瞬でクリアでき、私の部屋の様子を覗けて私をあざ笑えるコードを、その他の人には乱数のコードを配布して、ゲームを作っていたのではないかと考えていた。

私は心の中で田中と戦っていた。

田中は「99999(チート)」で私は「00000(無)」。コードで例えるならそんな感じだった。

私は絶対に田中に勝てないようにできている。なら逆に考えて田中は私に負けられない、私に勝つために必死に脱出ゲームを作っているんだ。そうポジティブに考えることにした。

 

しばらくすると部屋に何人かの看護師さんと主治医の先生が来た。

先生たちは私に部屋から出るように言った。

しかし私はこの人たちも田中一族だと思いこみ、外に出そうとしてきた看護師さんに強く抵抗し、部屋から出なかった。

すると先生たちは諦めて、外に出ていった。

 

その決断が、のちに私を苦しめるとは、思いもしていなかった。

 

次回 第12話「私と隔離・拘束」

【書評】「働かない働き方」をして、遊んでいるみたいに毎日を楽しもう!

ご無沙汰しております。自由ねこ(@26_hidamari )です。

 

今回紹介する本は、佳川奈未さん著の、「働かない働き方」という本です。



目次

嫌なことをして苦しんで貧しいより、好きなことをして楽しく生きて貧しいほうが、まだましだ

 

筆者の佳川さんはあるとき、3人の子供を抱え、生活費を一人で稼がなければならない状況に追い込まれていました。

しかし、どこに行っても、子持ちの主婦にまともな仕事と給与を与えてくれるところはなく、どんなにやる気をアピールしても採用されませんでした。

仕方なく大きな会社も正社員も諦め、条件をもっとう~んと下げて、

 

手っ取り早く職に就けるところなら、もう、どこでもいい!

いくつかの仕事を同時にこなせば、何とかなる!

 

と思うに至り、誰もしたがらないような仕事や、勤務体制が酷な、3つの仕事を掛け持ちすることにしました。

しかし、佳川さん一人が外に働きに出て、家の中のことも全部やり、きりきり舞いしながら、限界まで頑張るのは無理があり、ついに過労のせいで、道端で倒れ、救急車で運ばれてしまいました

そこで彼女は思ったのです。

 

「3つも掛け持ちで仕事をしても、辛いだけで生活はなにも楽にならないというのなら、せめて、もう、心だけでも楽にしてやりたい……」

「どのみち、何をしても食べていけないというのなら、嫌なことをして苦しんで貧しいより、好きなことをして楽しく生きて貧しいほうが、まだましだ!」

 

その心の声のおかげで彼女は「ものを書く世界」に入り、楽しく生きる道を選ぶことができました。

 

「何をしても食べていけないというのなら、嫌なことをして苦しんで貧しいより、好きなことをして楽しく生きて貧しいほうが、まだましだ」

この言葉に心を打たれました。

確かに同じ「貧しい」なら無理して働くより、稼げなくても楽しく働いたほうが、心にも体にもやさしいですよね。

私も現在無職で傷病手当で生活していますが、統合失調症を通して、給料がよくても苦労して働くより、多少給料が少なくても安静に過ごしたほうが健康的だと感じました。

いくら給料がいいと言っても体調を崩してしまったら元も子もないですもんね。

だから好きなことを仕事にして、「働かない働き方」を目指すのがベストですね。

 

求める仕事がないなら、いっそ自分で創ればいい

 

とはいっても、どうやって好きな仕事を見つければよいかっていう話ですよね。

そこで、佳川さんはある男性にこんな提案をしました。

 

その男性は、今まで整体師の仕事をしており、結婚し、かわいい子供に恵まれ、幸せに暮らしていました。

ところが、ある時、勤めていた整体サロンが経営悪化で潰れてしまいました

突然職を失った男性は、意気消沈しました。けれども、養うべき家族があり、落ち込んではいられないと、次の職を必死で探しました。

しかし、なかなかいいところは見つからず、しまいには奥さんから「離婚してください。でも、養育費はしっかりいただくわ!」と言われてしまいました。

彼は困り果て、嘆きと悲しみとともに佳川さんに相談しました。

そこで、まずはどんな仕事ならやれそうなのかを聞き、彼は、整体と、旅行が好きだと言いました。

しかし、自分には何のとりえもなく、整体以外は何もできることがないし、それ以外のことを見つけられる気がしないと言いました。

その時、佳川さんの中にある一つのアイデアがひらめいたのです。

 

そうだわ、豪華客船よ!船は好き?

 

彼は好きと答えました。そして、こう続けました。

 

じゃあ、その夢をかなえようよ!それをそのまま仕事にするのよ!

 

なんと、佳川さんはこう言ったのです。

 

「豪華客船の中で、あなたは整体の仕事をするのよ♪

船の旅は長いし、疲れる人は絶対に多くいるわ。その豪華客船や関連先と契約して、そこであなたは仕事をすればいいのよ。それなら、船が着くいろんな街を、しばし旅することもできるんじゃない?」

「明日、すぐに豪華客船の関連会社に電話して!

そう言う企画ツアーを組んでいる会社でもいいわ!

とにかく、関係していそうな会社すべてに片っ端から連絡するのよ!

今こそ、豪華客船に乗り込んで、好きな旅をしながら、自分の仕事を喜んでするのよ!」

 

すると半年後、彼から連絡があったのです。

なんと彼は、佳川さんの言った通り行動し、豪華客船の中で整体の仕事についていたのです!

そしてその2年後、彼は依然と比べにならないほどお金にも恵まれ、東京とオーストラリアの両方に家を持ち、奥さんと子供と再び一緒に暮らすことになったそうです。

そう、求める仕事がないなら、いっそ自分で創ればいいのです!

 

私も、新しい仕事を考えてみました

 

それにしても佳川さんの仕事を作るセンス、素晴らしいですね。

豪華客船で整体師なんてアイデアが思い浮かぶセンス、すごいと思います。

私もこの本を読んで、好きなことを仕事にしてみたいと思い、あるアイデアを思いつきました。それが、こちらです。


pokemonnbiyori.hatenablog.com

 

そう、ポケモンブログです。

実は私、毎月のようにポケモングッズを買いに行ったり、ルビーサファイア以降全作のゲームをプレイしていたりと、かなりのポケモン好きなのです。

なのでポケモンのゲームやグッズを買った感想などをブログにすることで、より楽しくブログ活動ができるのではないかと思い、アカウントを作ってみました。

もちろんブログの収益では生活できるとは思っていません。ですが、やっぱり楽しみながらお金を稼ぎたいので、お小遣い程度でもいいので稼げることも目標に、頑張りたいと思います。

 

それでは今後ともこのブログ、ポケモンブログをよろしくお願いいたします。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第10話「私と入院するまで(後編)」

1月28日。

明日は会社。

会社からはインフルエンザかもしれないから病院に行くように言われている。

でもどう見てもインフルエンザじゃないのは明らかだった。

有休も残っていないしどうしよう、と不安でいっぱいだった。

続きを読む

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第9話「私と入院するまで(前編)」

1月26日。

私は最後の有休を使った。

上司にセクハラやパワハラをされたことが嫌で、一睡もできずに朝を迎えた。

 

続きを読む

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第8話「私と退職の決意」

1月中旬。ついに私は直属の上司に退職の旨を伝えた。

あまりいい反応はされなかったが、ひとまず退職を伝えるというミッションは達成でき、ホッとした。

そして1月25日の飲み会前にグループの上司と直属の上司と話をすることになった。

続きを読む

ブログ記事100記事目!これからも頑張ります!

ご無沙汰しております。自由ねこ(@26_hidamari )です。

 

この記事をもちまして、100記事を突破しました!

続きを読む