にほんブログ村

統合失調症女子のポジティブログ

統合失調症持ちの20代女子が闘病記やポジティブ思考のコツなどを書いていきます!

MENU

統合失調症になるまで

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第11話「私と入院生活の始まり」

1月29日の深夜、私は入院した。 あまりに混乱していて、自分が入院したと自覚したのは2月3日だった。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第10話「私と入院するまで(後編)」

1月28日。 明日は会社。 会社からはインフルエンザかもしれないから病院に行くように言われている。 でもどう見てもインフルエンザじゃないのは明らかだった。 有休も残っていないしどうしよう、と不安でいっぱいだった。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第9話「私と入院するまで(前編)」

1月26日。 私は最後の有休を使った。 上司にセクハラやパワハラをされたことが嫌で、一睡もできずに朝を迎えた。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第8話「私と退職の決意」

1月中旬。ついに私は直属の上司に退職の旨を伝えた。 あまりいい反応はされなかったが、ひとまず退職を伝えるというミッションは達成でき、ホッとした。 そして1月25日の飲み会前にグループの上司と直属の上司と話をすることになった。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第7話「私と1月上旬」

1月2日。 目が覚めたら朝を迎えていた。 起きたらいつも通り父と母がいた。 そう、私は奇跡的に生きていたのだ。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第6話「私と年末年始」

年内の最終出勤日、会社で納会があった。 私は2次会である人と話した。 それは、会社の顧問でメンタルヘルス専門の上司だ。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第5話「私と精神疾患の始まり」

社内メールで告白した翌日、目が覚めたら振られた時のことを思い出した。 なんで弟っぽいって言われたんだろう、そう考えたらすぐに答えが浮かんだ。 中学生の時演劇部で弟役をやっていたから、女キャラばかり出てくるアニメを見ていたから、など思い当たる…

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第4話「私と勇気の告白」

デートの翌日、社内メールを見ると、彼からメールが来ていた。 それは、彼の週次報告で、BCCで送られてきた。 なぜそれが送られてきたかというと、彼は週次報告の所感欄に、仕事と全く関係のないことを書いているという話がでて、私もそれを見てみたいと言っ…

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第3話「私と彼とのデート」

月日が流れ、12月。 12月に会社の忘年会があった。そこで4月ぶりに彼と再会した。 いろいろ話したら、彼は来年に会社を辞めるとのことだった。 私も心の片隅で会社を辞めようか悩んでいたところだったから、うれしいような、寂しいような、複雑な気持ち…

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第2話「私と彼との再会」

就活で何社もエントリーするも、内定をもらえたのはのちに新卒で入社することになる会社1社だけだった。 練習企業にしたつもりだったから少しは心残りがあったが、何かの縁だと思ってその会社に入社することにした。

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第1話「私と会社との出会い」

「はぁ~終わった~」 就活の面接を終え、地元に帰ってきた。 初めてで何も対策しないまま面接に挑んでしまったため、いろいろな意味で終わってしまった。面接で落ちたのは、結果を待たなくとも明らかだった。 そんな絶望の中、次の企業を探さねばと思い、地…

新人客先常駐型SEだった私が統合失調症になるまで。第0話「私と統合失調症の物語」

ご無沙汰しております。自由ねこ(@26_hidamari )です。 突然ですが、これからは私が統合失調症になるまでの経緯を物語形式で紹介したいと思います。 なぜそんなことを思い立ったかと言いますと、とある人の本を読んでいたら、私もいつか本を出版してみたいと…