にほんブログ村

統合失調症女子のポジティブログ

統合失調症持ちの20代女子が闘病記やポジティブ思考のコツなどを書いていきます!

MENU

会社は休んでも回る。本当に体調不良なら遠慮せず休もう

あなたは体調不良で会社を休んだことがありますか?

たいていの人は「有休」を使って休暇を取ると思います。

でも中には有休を使いづらい雰囲気だったり、有休を使うと評価が下がる、といったような会社もあるようです。

もしくは、有休を使い切ってしまい、「病欠」となり減給となることもあるでしょう。

 

ですが、ここで考えてみてください。「評価」と「体調」どちらのほうが大事ですか?言うまでもなく「体調」だと思います。

「評価」が下がっても死ぬことはありませんが、「体調」を崩して死ぬことはあります。高橋まつりさんの例のように、若くて優秀な人が過労でなくなってしまったのは、非常に残念なことです。

それに、会社での評価なんて、社内という小さなコミュニティでしか通用しないし、よっぽど会社が好きじゃなきゃ、気にすることないでしょう。

また、評価が下がることで給料にも支障が出ることもあるでしょうが、それでボーナスがひかれるくらいなら副業やったほうがマシです。上司のご機嫌取りをして給料を上げてもらうより、副業で稼いだほうが確実でストレスフリーだと思います。

 

まとめ

もしあなたが休みづらい職場にいたとしても、体調が悪かったら勇気を出して休んでみてください。休んでしまったら一見人手不足になると思われがちですが、人手不足になるのは企業の管理職にも責任があります。それに人が不足することによって企業の方針が改善される可能性だってあります。

休むことにマイナスイメージばかり持たず、辛いことがあれば遠慮せず休暇を取る習慣をつけてください。