にほんブログ村

統合失調症女子のポジティブログ

統合失調症持ちの20代女子が闘病記やポジティブ思考のコツなどを書いていきます!

MENU

ぼっちでも有意義な学生生活を送る方法(高校生編)

ご無沙汰しております。自由ねこ(@26_hidamari )です。

 

あなたは友達が多いほうですか?

私は高校、大学と友達が少なく、いわゆるぼっちで過ごしていた頃もありました。

ですが、私はぼっちで過ごすのも、そう悪くはないと思っています。

なぜなら他人の都合を気にせず、マイペースに過ごせるからです。

 

そこで、今回はぼっちでも有意義に高校生活を送る方法を伝授したいと思います。

 

 

目次

 

1.早弁をする

ぼっち飯をするのが恥ずかしいという人におすすめなのが、早弁です。

午前中に早弁をすることで、お昼休みにぼっち飯をすることを回避できます。

それに、1時間目が過ぎると頭を使ったことによりおなかが空いてきます。

授業中におなかが鳴っては恥ずかしいので、早弁はよい方法と言えるでしょう。

 

2.休み時間に勉強する

休み時間の有意義な過ごし方が「勉強する」です。

休み時間に宿題や勉強をすることで、家で勉強する時間を短縮でき、受験にも有利になれます。

教室で集中できない場合は、図書館で勉強するのも手です。

図書館ならぼっちを笑う人はおらず、集中して勉強に取り組めるでしょう。

 

3.机に突っ伏して寝る

ぼっちの定番といえばこれ、「休み時間に突っ伏して寝る」です。

机に突っ伏していれば周囲のことを気にする必要がなくなり、自分だけの世界に閉じこもれます。

机に突っ伏しながら妄想や考え事をすれば、時間つぶしにちょうど良いでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

高校生という思春期をぼっちで過ごすのは、恥ずかしいと思うかもしれません。

でもぼっちは恥ずかしいことではないし、恥ずかしさを回避する方法だってあります。

間違っても便所飯などはせず、健康で有意義なぼっちを目指しましょう。