にほんブログ村

統合失調症女子のポジティブログ

統合失調症持ちの20代女子が闘病記やポジティブ思考のコツなどを書いていきます!

MENU

ニュートンの物理法則から学ぶ!行動しようとしなければ私たちは静止したまま

 

 

 

ご無沙汰しております。自由ねこ(@26_hidamari )です。

 

今回は、ニュートンの物理法則をもとに、私たちの行動について考えていきたいと思います。

私たちは、ニュートンの物理法則の下で生きているのです。

ニュートンの法則とは、すべての物体は、外部から力を加えられない限り、「静止している物体は静止状態を続け」、「運動している物体は等速直線運動を続ける」という法則です。

 

まずは、自分を道の上においてあるボールだと思ってください。つまり、ニュートンの法則でいうところの「静止している物体」です。

すると、私たちは外部から力を加えられない限り、静止したままなら静止状態を続け、動き出したらその運動を続ける、という風に置き換えられます。

つまり、行動しなければ私たちは静止したままで、行動すれば自然と行動が続くのです

 

目次

 

1.入浴

お風呂を例に見てみましょう。

お風呂に入るには、服を脱ぐ必要がありますよね。

ですが、服を脱ぐのを面倒くさがってそのままの状態でいたら、お風呂に入ることはできません。

逆に、服を脱ぎ始めさえすれば、全裸になるまで服を脱ぎ続け、自然とお風呂に入る準備が整います。いくらお風呂が面倒くさいからと言って、一度脱いだ服をまた着てお風呂に入るのをやめようとする人はいませんよね。

つまり、たとえ面倒なことがあったとしても、最初の一歩さえクリアしてしまえば、継続的に行動することができるのです

 

2.運動

運動を例に見てみましょう。

ダイエットをするためには、ジムに行く必要があります。

ジムに行くのを面倒くさがっていたら、運動することはできません。

しかし、一度ジムに行ってしまえば、スポーツウェアに着替え初め、スタジオまで行くようになり、自然と運動する準備ができるのです。一度ジムに来たのに何もせずに帰ろうとは思いませんよね。

運動の場合も同様、最初の一歩をクリアすれば、自然と行動を継続することができます

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ニュートンの法則のように、たとえ面倒くさいことがあったとしても、最初の一歩さえクリアしてしまえば、自然と行動は続けられるのです。

私もこれを機に、毎日ジムに通うことを目標としようと思います。