にほんブログ村

統合失調症女子のポジティブログ

統合失調症持ちの20代女子が闘病記やポジティブ思考のコツなどを書いていきます!

MENU

人間、生きるか死ぬか以外は大したことではない。死ぬ間際になれば悩みも笑い話

ご無沙汰しております。自由ねこ(@26_hidamari)です

 

あなたは人生において何かに悩んだり苦しんだりしたことはあるでしょうか?

おそらく大半の人が、そのような経験があると思います。

離婚、リストラ、借金など、中には大変な思いをしている方もいるかもしれません。

ですが、生きるか死ぬか以外は大した問題ではないのです。

 

もちろんこのような悩みを抱えている方は、将来が不安だと感じていると思います。

私も新卒で入社した会社でサービス残業をしたり、上司にセクハラ、パワハラをされて統合失調症になってしまいました。

病気になって入院して、無職になって一年以上。はたから見れば不幸な人生を送っているかもしれません。

でも、私は病気を通じて得られたものがたくさんあります。

それは仕事のない自由な時間、病院やデイケアで出会った仲間など、かけがえのないものです。

病気になって一時期生きるのがつらいと思ったり、死にたいと思ったこともありました。

でも生きているから好きなことができるし、おいしいものが食べられるし、会いたい人に会える。そうではないですか?

 

離婚したっていい。リストラされたっていい。借金があってもいい。

人生において誰と付き合ったか、どんな仕事をしたか、いくらお金を持っていたかはさほど重要ではないのです。

きっと死ぬ間際になったら、そんなことで悩まないから。

死ぬまでに夢をかなえられなくたって、後悔ばかりではないでしょう。

恋人がいないまま死ぬにしても、無職のまま死ぬのも、借金を抱えたまま死ぬのも、死ぬ間際になれば笑い話です。

やり残したことがあっても、あの人に出会えてよかった、趣味に没頭出来てよかった、そんな楽しい思い出に満ち溢れているでしょう。

 

だからもしあなたがつらい悩みを抱えていても、苦しむ必要はないのです。

焦らず、ゆっくり悩みを解決していけばいいのです。